デリケートゾーンの黒ずみとメラニンの関係について

デリケートゾーンの黒ずみは刺激が原因

デリケートゾーンの黒ずみとメラニンの関係について

女性たちがとても恥ずかしく感じ、そしてコンプレックスにも感じているデリケートゾーンの黒ずみ、アソコが汚いと不潔っぽく見られ、男性とのセックスも心から楽しむことが出来ません。デリケートゾーンの悩みは、どれほど親しい間柄でもなかなか相談できないもので、一人で抱えて苦しんでいる方も少なくありません。デリケートゾーンは、お風呂に入る意外は、ほぼ下着に触れていたり、陰毛が生えていたりと常に刺激を受けているので、どんなに色素の薄い女性でも黒ずんでしまうのはある意味仕方のないことですが、やはり女心としては、とても大切な部位だからこそ、綺麗な肌色にしたいと願うものです。肌は刺激を受けると、自ら守ろうと働き、メラニン色素を生成します。ちょうど日焼けをして肌が黒くなるのと同じで、メラニン色素が生成されることで肌は守られますが、皮膚の生まれ変わりが正常に行われていれば、黒くなった肌は自然と元の色に戻ります。

 

しかし常に刺激を受け続けているデリケートゾーンは、肌自体もかなり敏感になっているので、ターンオーバーが正常に機能できなくなっている場合も多く、本来剥がれ落ちるべき角質がそのまま居座っていると、肌は色素沈着を受けたままになってしまいます。これが黒ずみの仕組みで、解消するには、お肌が若いころのように自然なサイクルで生まれ変わる健康な状態に戻してあげなければなりません。そのためにも、お顔同様に保湿ケアをしっかりと行うことが大切で、皮膚に潤いを与えてあげるようにすれば、トラブルは避けられます。生理時にナプキンなどとの摩擦でかゆみやかぶれが生じてしまうのも、アソコの皮膚が乾燥していることが原因なので、普段からしっかりと保湿ケアをしてあげましょう。そして、トイレットペーパーで強くこすらない、きついショーツを履かないなどの心がけも必要です。

 

専用のクリームを使ってケアをする

アンダーヘア脱毛をした後に、あまりにもアソコが黒くてショックを受けた、という女性も多いようですが、この陰毛がこすれ合うことも、皮膚が黒ずんでしまう原因の一つです。また、生理時に経血が陰毛に絡んで溜まらないようにするためにも、デリケートゾーンの脱毛ケアは、できるだけ早い段階からトライしておく方が望ましいです。海外ではアンダーヘアを全部処理をするのも珍しいことではなく、衛生的にも推奨されていますが、我々日本女性は、まだまだそういった意識を持つ方は少なく、結果としてアソコに強い刺激を与え続けてしまっています。下着のサイズや素材を見直す、刺激の強い陰毛を処理するなどの守りのケアももちろん必要ですが、できるだけ早く綺麗な肌色を取り戻すためにも、専用のホワイトニングクリームでケアをするという攻めのケアも取り入れましょう。

 

今、女性誌などでもたびたび紹介されている人気のクリームは、強力な美白成分と、肌の炎症を抑える成分、そして保湿成分がたっぷりと配合されており、肌の生まれ変わりを促進させてくれます。刺激を受けてしまうことにより、メラニン色素が生成されることを抑制し、肌を丈夫で健康な状態に落ちつかせてくれるので、アンチエイジング効果も高いです。毎日このクリームを塗ってケアをすることで、どんどん色素沈着が薄くなり、目立ちにくくなっていくので、肌の色も明るくなり肌も滑らかになっていきます。美容皮膚科でレーザー治療を受ければ、アソコも顔のように美白効果も期待できますが、やはり部位が部位なので、恥ずかしいと感じる人も多く、出来れば自分でケアできる方が安心です。ボディケアの一つとして習慣付けていけば、加齢とともに起こりがちなアソコの乾燥によるかゆみトラブルも回避でき、かぶれも防げます。

 

参照:【目指せピンク色!】デリケートゾーンの黒ずみ解消方最新決定版